« 忘れないでおくれ。その気持ちを、皆がおまえを愛していることを | トップページ | 羽などいらん »

2005.06.21

太陽の風、背に受けて

 昼に煙草を買いに会社から出た。いつものように下を向いて歩いていたら、でかい骨だけの鮭が落ちていた。

 なんだ、ここは漁村か?

--------------------------------------------------

 猫とジャレあっていたら、あくびをした。

 昔、飼っていた犬(名前:秀)は、あくびをした時、口に指を入れると閉じれなくて、とても困った顔をした。でも、その様子がとてもかわいくて、『悪いなぁ』と思いつつ、いつもそんな事をして遊んだ。

 で、猫にも同じ事をしてみた訳ですよ。結果は・・・

 思いっきり噛みやがった。血が出ましたよ。

 仕返しにホッペをツネッてやりましたが、ジャレてるのとなんら変わらず、気持ちよさそうな顔をしているのを観ている。
 そんな週末でした。

--------------------------------------------------

 こんな事を、鼻をほじりながら書いてます。

 あ、通販番組が始った。もう寝ます。

|

« 忘れないでおくれ。その気持ちを、皆がおまえを愛していることを | トップページ | 羽などいらん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27780/4643193

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の風、背に受けて:

« 忘れないでおくれ。その気持ちを、皆がおまえを愛していることを | トップページ | 羽などいらん »