« 返事はいらない | トップページ | おもしろきこともなき世をおもしろく »

2005.08.02

煙になって願いを空へと届けるから

 うまく話ができたらね

--------------------------------------------------

 砂浜で花火をやって、ゴミをそのまま捨てていく人達っているでしょ。
 薄汚れた砂浜を見ながら、『こんな事をする人達とは絶対にお近づきになりたくないな』と常々思っているわけですよ。

 で、そのゴミを眺めながら、どうしたら花火のゴミを無くせるか考えてみた。


 考えるに、花火を『計画的』にやるか『突発的』やるかで、ゴミを放置する割合が変わってくると思う。


 前者は事前に決まっているのだから、火の始末やゴミの片付けの準備をして花火に望むのが殆どだ。

 問題は後者。友人と夜中にだべっている時に『暇だし花火でもやるか!』となった場合。

 突発的な訳だから準備なんてしている訳が無く、必要な物は全て現地調達。
 場当たり的な発想で行動しているので後始末の用意に考えが行く訳も無くゴミを放置して終了って事になると思う。

 故に、僕の結論。


 『日が落ちてからの花火の販売を原則禁止とする。』


 自分で考えておきながら、かなり偏った意見だと思った。


 なんて事を病院の待ち時間、砂浜で楽しそうに遊んでいる親子連れをぼんやり眺めながら考えていた。
 いや、地域の環境問題を考えていたのであって、あなた達を凝視していたのではなく・・・

 あ、ヒソヒソ話しながら僕との距離を広げないで・・・。

--------------------------------------------------

 売店で『ゴミを捨てられるのが困るから自販機のゴミ箱を撤去した。』とか言っていた。

 空き缶用のゴミ箱に燃えるごみを入れる奴が悪いと思うが、これはこれでどうなんだろう。

|

« 返事はいらない | トップページ | おもしろきこともなき世をおもしろく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27780/5272466

この記事へのトラックバック一覧です: 煙になって願いを空へと届けるから:

« 返事はいらない | トップページ | おもしろきこともなき世をおもしろく »